「IoT×知財」ポータルサイト
IoT×特許
IoT×著作権
IoT×商標
IoT×知財ニュース
補助金・助成金情報
書籍・刊行物情報

閉じる
IoTビジネスに関わる法律知識でお困りの方へ、IoTと知的財産権に関する情報を発信します
IoT×特許関連記事詳細
2018/2/5 ランキング

【IoT特許ランキング】2018年2月5日調べ

「特許取得件数」は、 企業の技術力、事業性、成長性等を見極めるための重要な指標の一つです。 特許庁が運営する「知財金融ポータルサイト」によれば、 『特許を保有する企業は、保有していない企業よりも売上高営業利益率、従業員一人当たり営業利益率ともに高く、 知的財産権を取得することは新たなキャッシュフローを生み出すことにつながり、 経営にプラスに働くことが分かります』とのこと。 また、「特許取得件数」や「特許出願件数」は、 「株価」と相関関係があることが知られており、投資の判断材料としても使われます。 企業の「特許取得」が材料視され、株価がストップ高になることもありますので、 「IoT特許ランキング」は、IoT関連銘柄の判断材料としても有効です。

特許登録件数ランキング

※関連記事

特許事例(IPC)

特許事例(広域ファセット分類)

特許事例(弁理士×技術士)

 

出願公開件数ランキング

注目特許

【発明の名称】車両制御装置
【特許番号】特許第6269629号
【登録日】平成30年1月12日
【発行日】平成30年1月31日
【権利者】トヨタ自動車株式会社
【特許請求の範囲】
【請求項1】道路状況に関する道路状況情報を車両の外部から無線通信により取得する道路状況情報取得装置と、
前記車両の運転者の注意を喚起すべき車両走行上の特定状況が生じている場合に成立する報知条件が成立しているか否かを前記道路状況情報に基づき判定する判定手段と、
前記報知条件が成立していると判定された場合に前記運転者の注意を喚起するための報知動作を実行する報知手段と、
所定のクルーズ条件が成立した場合に前記車両のアクセル操作子及びブレーキ操作子の操作を要することなく前記車両を自動走行させるクルーズ制御を実行するクルーズ手段と、
前記報知条件と前記クルーズ条件との両方が同時に成立している場合において、前記クルーズ制御によって前記車両が加速又は減速されるときには前記報知手段による前記報知動作の実行を禁止するとともに前記クルーズ手段による前記クルーズ制御の実行を許可し、前記クルーズ制御によって前記車両が加速又は減速されないときには前記報知手段による前記報知動作の実行及び前記クルーズ手段による前記クルーズ制御の実行を許可する、第1の調停処理を行う調停手段と、
を備えた車両制御装置。

当社のサービス

出願前調査

企業または個人が発明・考案したアイデアが、既に特許出願(または実用新案登録出願)されていないか、あるいは、特許(または実用新案)として登録されていないか、を出願前に把握するための調査です。

サービス内容は、 出願前調査をご覧下さい。

侵害予防調査

自社が販売する(または販売予定の)製品や、自社が提供する(または、提供予定の)サービスなどが、他社の特許権を侵害している(または、侵害する)おそれがないかどうかを確認するために行う調査です。クリアランス調査、侵害回避調査、抵触調査などと言われることもあります。

サービス内容は、 侵害予防調査をご覧下さい。

パテントマップ作成

企業で商品やサービスを新規に開発する場合や、研究者が新たな研究開発を行う場合等において、特許公報や特許公開公報等の「特許情報」を利用することで、他社の開発動向や、最先端の技術等を把握することが可能になります。
しかしながら、膨大な特許情報の中から単に必要な特許情報だけを抽出するだけでは、多くの時間と手間がかかる割に、利用価値が低く、効率的とは言えません。そこで、利用目的に応じて抽出した特許情報を収集、分析、加工、整理することによって、特許情報の「見える化」を行い、特許情報を視覚的に把握することが重要になります。
このような観点から、特許情報を収集、分析、加工、整理することによって、特許情報を図面、表、グラフ等で表したものを「パテントマップ」といいます。

サービス内容は、 パテントマップ作成をご覧下さい。

IoT特許の定期配信

ご要望内容に応じて、IoT関連の特許情報(特許公報、公開公報、特許ランキング等)をメールにて定期配信します。

基本料金:1,000円~/月
分類:IPC(例:セクションF(機械、照明、加熱等)),広域ファセット分類(例:ZJA(農業用、漁業用、鉱業用))


各種サービスに関するお問い合わせは、

お問い合わせフォーム

からお願い致します。

     

TOP